03/05/2024
Breaking News

「くるみん」と「えるぼし」の違いとは?

転職をするなら、少しでも働きやすい環境の職場を選びたいものです。特に女性は、男性との格差が少ない職場や、子育てと両立できる職場を希望する方が多いことでしょう。
そんな職場を認定する制度として国が設けているのが、「えるぼし認定」と「くるみん認定」です。この2つの違いとは、どのようなものなのでしょうか。

えるぼし認定は、女性活躍推進法に基づいて創設された認定制度です。女性活躍推進法とは、男女格差のない社会を目指すための法律です。えるぼし認定を受けた企業は、女性が活躍しやすい環境が整っている会社といえます。具体的には、従業員の割合が男女同程度、女性でも長く働ける、女性でもキャリアアップしやすいなどの特徴があります。

くるみん認定は、次世代育成支援対策推進法に基づいて創設された認定制度です。次世代育成支援対策推進法は、子育てしやすい労働環境を作るための法律です。このため、くるみん認定を受けた企業は、育児休業がしっかりと取れる、育児期間は時短勤務が可能など、子育てしやすい職場環境を計画的に進めていると認定された職場です。

どちらも、女性が働きやすい職場であることを認定する制度ですが、えるぼし認定は男女の格差が少なく、女性が活躍できる職場といえます。これに対して、くるみん認定は、仕事と子育てが両立しやすい職場といえるのです。

男女の格差なく活躍できる職場を希望する方はえるぼし認定、子育てしながら働きたい方はくるみん認定を受けた職場がおすすめです。